和風の佇まい

日本人は、和風の趣を大切にする特徴が存在する。茶道や華道などからは、日本特有のわびさびを感じることが出来る。
外国にない文化のため、外国からの観光客はそれを求めてくるほどである。
こういった日本特有のわびさびは、茶道や華道だけではなく、畳や住宅、桐箪笥等の家具にも現れている。
一部分だけでなく、全体的に日本らしさを演出することが大切なのだ。

桐箪笥の魅力の中に、和風な佇まいがあります。これは、ガラス製やプラスチック製の箪笥には出すことが出来ない魅力です。
日本らしい、住宅を演出するために大切なモノなのだ。
ガラス製やプラスチック製の家具では、年季の入った味わいを感じることは不可能だ。
その理由は、やはり時の経過に抗うことが出来ないことが大きな理由の一つだろう。
時の経過による劣化は、形あるものに確実に訪れる、プラスチック製の家具は、時の経過により脆くなり、修理をすることが出来ない。
ガラス製の家具も同様の事が言える。また修理を行ったとしても、年季の入った風格を出すことができないのだ。
しかし、桐箪笥は違う。桐箪笥は時の経過による風格や味わいを出すことが出来る。
これは、材質に桐が利用されているためである。桐は時の経過による劣化を、年季のある風格として表現することが出来るのだ。
桐箪笥でなければ出すことが出来な特徴である。

修理やメンテナンスを行うことで桐箪笥の機能を改善することが出来る。しかし、最初に購入した新品状態に戻すことは不可能である。
これはデメリットでは無い、修理により、年季の入った風格を出すことが出来るのである。
年季の入った風格は、デザインで簡単に出すことは出来ない、今まで期間により表現できるものなのである。
桐箪笥は修理を行うことで、何度も利用することができるのだ。
また修理やメンテンスを行うことでより風格を出すことが出来るのもひとつの特徴である。
桐箪笥の修理を行う際には、必ず修理専門業者に依頼しよう。専門的な知識がなければ修理を行うことが出来ないのである。