専門業者

経年劣化の著しい桐箪笥の修理を行う際には、どのような修理作業が行われるのか知ること大切なのである。
基本的に、桐箪笥の修理を行う際には、全ての部品を分解することが始まる。
ただ壊れている部分を修理するのではなく、全体的に行われるのである。
全てを一度分解し、全てのパーツを確認し修理を行うのである。

一度分解されたパーツは、唯拭くだけではない、しっかりと水洗いを行うのである。
これにより、修復箇所を見つけることや、桐を再生することが出来るのである。利用している人が気付かない経年劣化があるが、職人はそれを見逃さないのである。
丁寧に水洗いを行うことで、こびり付いた汚れや埃を洗い流すことが出来るのだ。
職人により丁寧に現れることにより、新品と同じような状態に戻すことが出来る。
洗われた桐箪笥のパーツは、綺麗に乾かすことで機能を改善することが出来るのだ。
部品を分解した時に、見つかった修理部分は乾いた後に補修が行われるのだ。
専用の工具を利用することで、桐を傷めずに修理を行うことができる。

ここまでが一般的な桐箪笥の修理方法であるが、その後の仕上げは修理業者により変わる。
仕上げ方法は一つだけでなく、様々な方法が存在し、その桐箪笥に必要な方法が行われるのである。
桐箪笥の専門修理業者を利用する時には、事前に修理業者を確認し、桐箪笥に合う仕上げ方法を行ってくれる修理業者に依頼を行うことが適しているのである。
修理業者に依頼や連絡を行う時には、チラシや新聞などの広告を利用する方法や、インターネットを利用して情報を集めることが適していると言える。
はじめに情報を集めることから始めるのだ。