長い期間

軽量性や伸縮性により頑丈性が高い桐箪笥だが、経年劣化により、機能性を維持する事ができなくなる。
長年利用していたことにより、経年劣化が起こるのである。
一般的な箪笥であれば、買い替えを検討するだろう。家具を取り扱っている専門的なお店に行くことで買い替えを行うことが出来る。
しかし、桐箪笥では、そのようなことが必要ない、修理を行えばよいのである。
専門的な修理業者や職人に依頼することで、以前の状態に戻すことが出来るのである。

修理を行う前に、何故修理が必要になるのか知ることが大切である。
経年劣化が起こっていても、気にせず利用する人は多く存在する。中には修理の概念が存在しない人もいるのだ。
桐箪笥を修理せずに利用していると、今まで同じような機能性を期待することが出来ない。
伸縮性や頑丈性が損なわれていってしまうのだ。これにより大切な衣類や着物を安全に保管することが出来ない。
湿気から衣類を守ることが出来ないのである。
また、桐箪笥を修理せずに利用していると、使われている桐に負担がかかり、壊れてしまうことがある。
修理で治すことが出来る範囲であれば問題ないが、大きく破損してしまうと、修理では治すことが出来ないことがあるのだ。
そのようになってしまうと、今まで利用していた桐箪笥を再度利用することが不可能になってしまう。
以上のことか、経年劣化の激しい桐箪笥は修理の必要性が存在するのだ。
経年劣化が著しく感じた時には、早めに修理を依頼することが適切なのだ。