最新の投稿

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2015年5月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

あらゆる手段を使い治療する

医療用検査器具

病気になったときは、気持ちの面でもショックが大きい。
体調が悪化していることもあるが、上手に治療できるだろうか、治療にかかる料金はいくらなのだろうか、など、心配になる部分が大きくなる。
過度なストレスは精神にも体調にも悪影響を及ぼすことがあるので、そうした余計なストレスはできるだけ取り除いていきたいところである。
特に、生活習慣病には、ストレスが悪影響を与えているということもわかっている。
ところで、生活習慣病には高血圧や糖尿病などがあるが、脂質異常症を患っていれば、動脈硬化をも引き起こし兼ねない。
自覚症状や生活習慣を整え、慢性的な生活習慣病を招かないように気をつけたい。

■症状
脂質異常症は生活習慣病の中でも最も注目されている病気であり、血中に脂肪やコレステロールが多い状態を指す。
生活習慣病は慢性的な生活習慣の悪化が原因となり、体調や精神的な面で悪循環をもたらしていくものである。
これを悪化させるといろんな病気を引き起こす原因ともなり、脂質異常症だけでなく、他の生活習慣病を連鎖して引き起こす引き金を引いてしまうものでもある。

■定期的な検診
こうした生活習慣病を防ぐための取り組みが、国を挙げて行われている。
メタボリック・シンドロームを検診するためには、最も腹囲の大きさを図ることが分かりやすい方法である。
こうした腹囲を図る検診の方法は、自宅でも行なうことができるので、病気にかかる前に自分で気をつけるには良い方法である。
また、病院やクリニックで行われている人間ドックを一年に一回利用するのも、良い検診の方法である。
人間ドックでは脂質異常症だけでなく、血液検査やレントゲン、胃カメラ、CTなどをとり精密な検査を行なう。
これで隠れた病気を明らかにすることができるので、肝臓や膵臓、血管といった自覚症状がない箇所の病気を見つけやすい。

■社会貢献にも
検診を受ける方法は自費もあるが、治験を利用する方法も今注目されている。
脂質異常症の治験だけでなく、あらゆる生活習慣病の治験や、精神病の薬の治験も広く行われている。
民間で募集していることも多いが、すべて国が認可している臨床試験なので、安心して利用し、新しい治療方法を生み出す力になることができる。

オススメリンク

新しい治療方法

定期的な検診を受け、脂質異常症が発見された場合は、治療を行なうことになる。
その時、治験を利用し治療を行なうのも一つの治療方法である。

治験といえば、新しい薬品などが開発されたときに、発売や利用前に臨床試験を行なう...Read more

関連リンク